新部署へ異動したにもかかわらず、人員不足で再び元の部署へ応援に出る羽目になりました

 私は介護職をしていますが、人間関係の改善などを目的に、昨日から新部署で勤務を開始しています。
上司あるいは指導担当の職員と一緒に新しい部署の入所者の他、仕事の進め方と方法等について親身な指導を受ける傍ら、自宅に帰っても、指導を受けた内容の業務内容の整理に追われています。
そのような状況であるにも関わらず、元の古巣のフロア担当の職員が病欠の為、午後からは急遽応援に出る羽目に。
それも、人間関係の悪化の元である職員と顔を合わせる必要もあり、非常に心苦しかったです。
今日は人間関係悪化の元の職員はいませんでしたが、途中まで新部署の仕事を覚えかけていた中で、急遽、体調不良で古巣の職員が早退した関係で、夕方の応援に来るようにという事になり、新部署の業務を完全に覚える事が出来ていません。
季節の変わり目などから、職員も体調不良になりやすい他、人間関係の悪化などで離職者が相次ぐ中、慢性的な人不足ですが、新入職員の定着率を向上させると同時に、私の新部署での仕事を早く覚え、夜勤手当がない分、家計が厳しくなっている事から、早く慣れて、少しでも早く夜勤に入る事が出来るように努力したく思います。

Read More