印象は最低くらいでちょうどいい

少女漫画のような出会いに憧れて早数十年。
全くといっていいほどあんなにときめくような出会いはありません。
しかし、今だから言えることですがあんな心ときめく出会いがあるのを期待していた私は俗にいう中二病だったなーと思います。
中二病だった私は非現実的な出会いを求めていましたが、今の夫とは当時では珍しかったチャットで知り合い交際がスタートしたのでこれも他の人からすれば少女漫画のような出会いだったのかもしれません。
でも現実はそんなに甘くはありません。
少女漫画だったら白馬に乗りそうな王子様のような容姿の人がくるところですが、実際には容姿は中の下くらいでした。
でも全く後悔なんてしていません。
少女漫画のような出会いはしていませんが、今の夫に出会えて良かったですし、今度生まれ変わってもまた今の夫と結婚したいと思っています。
いずれにせよ、出会いなんてほんのきっかけにしか過ぎません。
少女漫画のような出会いをしたら、そのシチュエーションに酔ってしまって周りがみえなくなるかもしれません。
相手をうまく見極めるためにも出会いの印象は最低くらいの方がちょうど良さそうです。

Read More

こそこそアピールが実り。

はじめて付き合った人はアルバイト先の女の子でした。

ある日突然職場に現れた花のような存在で、
アルバイトの間でも噂の職場のサービスカウンターで働く人気ナンバー1の女性で
とても綺麗で明るい女性でした。

前から気になっていたのですが、なかなか話す機会もなくサービスカウンターに用事がある時だけ少しよそよそしく話す程度でした。
ある日、同級生から聞いて年が同じということがわかり、
用事がある時に思い切って、

「同じ年なんやろ?どこの中学やったん?」と聞いてみました。
「○○中学ばい。」

その時はじめて長い時間話をしました。それが出会いのはじまりと言っていいでしょう。

その後、ちょくちょくサービスカウンターによって話をしに行ったりしていると、
向こうの方からもこっちに話をしに来てくれるようになり、

職場の飲み会などで同席したりしてプライベートでも飲みに行ったり出かけたりするようになって、
いつの間にか二人でよく行動するようになり、

その後お付き合いする事になりました。

Read More

お見合い結婚、恋愛結婚、どちらも幸せなら良いけれど、私は恋愛!!

結局、家庭内が円満で離婚に至ったり、トラブルだらけにならなければ、出会い方は全て運命だから、それで良いよね!って思います。

だけど、私の場合は異性に対してのストライクゾーンが、とっても狭いのです。
(特にイケメンが良いというわけではなく、ちょっと外したボールのラインに小さなストライクゾーンがある感じ(笑))なので、お見合いでは確率が悪いかなって思います。
(しかも、今の御時世、どこかの社長令嬢とか20代半ばにはお見合い写真が出回る片田舎でなければ、そうそうお見合いなんてありませんよね)
自分のフィーリングで決めるので、相手が売れないお笑い芸人でもミュージシャンでも大丈夫!という結婚するには大変な危険をはらんでいますが、年収や家柄等で選ぶ技量がないのです。
そこは少し残念に感じますが……。

お見合い結婚した両親からの方がお見合い結婚になる確率が高いというデータもあるようです。
(勿論、現代では減少気味ですが)うちは、祖父母も両親も恋愛結婚です!

Read More