ハードボイルドを気取る

ハードボイルドを気取る

街の片隅にあるお気に入りのバーに、いつものようにひとりでふらりと入る。
カウンターに座り、「バーボンWをロックで」とこれまたいつものやつをオーダーする。
すると無口なマスターが、琥珀色の液体が入ったグラスをスーと俺の眼の前に置く。
クイッとひとくち飲むと胃が熱くなる。
いい音楽に少しざわついた客同士の会話。
いい雰囲気に包まれていると隣の客の会話が何気に聞こえてくる。
そんな会話に突っ込みを入れたりする。
そこから会話が弾む。
その場で出会った客同士でも、会話を楽しんだりすることができるのがバーの、というか大人のかっこいいところ。
なハズなのに、自分が話したいことは話すけど、人との会話は避けるというやつがいて、
ムカッときたりするときがある。
せっかく、ハードボイルドを気取っていたのに、台無しではないか。
まぁ、それもバーでの出会いといえば出会いかもしれないのだけど。
つか、バーに似合わないやつはこないで欲しいよ。まったく。

 

Read More

それは、ジュノの街角で。

こんにちわ。
結婚から四か月、経ちました。
まだまだ新婚ほやほやなのかな?
旦那たまは毎日、離れたくないようと言いながらお仕事に行っています。

思えば、知り合って五年と半年、経ったんですね。
出会いはジュノの街角でした。

そうそう、アラスカで一番きれいな都市と言われるところ。
少し懐かしい街並みや氷河がいいんですよね。

ってそっちじゃありません。
FF11、ファイナルファンタジーオンラインの、ヴァナ・ディール最大の街。
三国を結んでいて、アトルガンにも飛べる、そう、オンラインゲームの仮想都市です。

ある日、街中でお買い物をしていたとき。
「楽しいリンクシェル探しています!」とシャウトする男の子がいました。
そんなシャウト、なかなか見かけません。
珍しいし面白そうな人がいる、と思いましたね。
当時入っていたリンクシェルがお気に入りだった私はすぐさまリンクシェルに相談し、招待しました。
面白そうな人、というのは当たってました。
たまたま大阪と京都に住んでいるから、オフ会で会う事が出来て。
たまたま好きな野球チームが同じだったから、一緒に観戦することが増えて。
すぐに仲良くなったのでした。

まさかその子と、ほぼ一年後におつきあいを始めて、五年後には夫婦になっているなんて思いもしませんでしたけどね。

旦那たまの方が、干支で一回りよりも下だ、と言うといつも驚かれます。
どこで知り合ったの? と、お約束のように訊かれます。

リアルでは、なかなか知り合えないんだろうな。
もし知り合ったとしても、年齢と言うフィルター越しに見てしまう。
でも、ネット上で最初に仲良くなったから。
フィルターなんてなくて、自分しかないところだから。
こんなふうに出会う事が出来たんだと思う。

リアルでは旅行と冒険が大好きな旦那たま。
アラスカにあるジュノーにも、いつか二人で行こう、と誘ってくれています。
きっと行こう。
今お腹の中に炒る子供も一緒にね。

その時は、また、プロポーズしてくれるんだろうな。
旦那たまはロマンチストだから。

Read More

お見合いに賛成します

私はお見合いは賛成です。これは昔からある出会いの形式の一つだからうまくいくものだと思うからです。
私の両親はお見合い結婚です。昔はいまよりお見合いが一般的だったとは思いますが、
両親もお互い何件かのお見合いを経たあとに出会ってこの人とならと思い結婚をしました。
そしてその時の気持ちが40年たっても続いていて今も仲良く暮らしています。最初からだいたいこんな人だとわかっていたから
長く続いたというのが母親の言い分です。それが納得できるからです。
どこのだれかともわからない人というより信頼関係できやすいと思います。
また現代は合コンなどをしてから付き合い結婚をするという人も多いと思いますが、最初からお酒が入っていて
仲間もいる上での合コンというのはなかなか本当の人間性や性格というものは見えにくいと思います。
お見合いならばほとんど1対1の関係でお互いを見ることができるので、無理な取り繕いや見栄を張る必要もありません。
それらのことからお見合いには賛成します。

Read More

ネットで出会うという一つの選択肢

今から10年前くらいだろうか、「出会い系サイト」という言葉が流行ったのは。
この場合の「出会い系サイト」は犯罪のにおいがしたり、性のにおいがぷんぷんしてイメージが悪い。
しかし最近では出会うための真面目なiPhone 出会いアプリが存在するのである。
私は実際にお試しで一度利用してみた事がある。
確かヤフーかどこかの超有名なところが運営していたはずだ。
これならかなり敷居は低い。
自分のプロフィール画面を入力すると、相手からメッセージが届くというものである。
顔写真は載せても載せなくてもOK、もちろん名前も匿名でやりとりする。
そして2人でメッセージを何度かやりとりしたあと、話が合えば実際にご対面できるというものだったと思う。
私はお見合いパーティにも一度参加したことがあるのだが、それよりはいいと思う。
もちろんお目当ての人がいればいいのだが、30人くらいの中から選ばなければいけないというのは難しい。
お見合いパーティ後、結局女友達とふたりで飲んで「いい体験だった」と笑って帰ってきた。
ネットはその点、登録している人の人数がかなり多い。
もちろん条件を絞れば絞るほど該当者は少ないのだが。
個人的には「ネットを利用して恋愛対象を見つける」という事にはまだ寛容にはなれなかったので、こちらを使うことはもうないけれど、一つの選択肢としてはありだと思う。

Read More

出会ってよかった・・・彼は一番頼りになる人です。

私は今の彼と出会ってよかったと思うことがたくさんあります。
彼はいつも私のことを考えてくれます。多くても週に1回程度しか会えませんが、毎日のメールや電話は欠かせません。私がメールで「寂しい、会いたい」と送ると、会えないから…と言って電話をしてくれます。電話して彼の声を聞くと安心します。特に夜は1時間ほど電話をすると、彼の声を聞くうちにだんだん安心して眠くなってしまいます。
彼とはまだ付き合って半年ほどですが、デートは毎回美味しいご飯を食べさせてくれたり、私の行きたいところに連れて行ったりしてくれます。お家デートはしたことが無いくらいです。そのため、彼とはたくさんの思い出があります。写真を撮っておいて見返すたびに幸せな気持ちになります。
また、私より5つ上の彼はすごく頼りになります。相談にいつも乗ってもらい、彼の考えはとても参考になります。親や友達以上に頼りになる存在です。
彼と出会ってから、色々なことがありますが、本当に出会えてよかったと感じています。

Read More

自分磨きこそが新しい出会いへの近道

よく出会いが欲しければ外にでて新しいことに挑戦しなさいとか言うけど、30過ぎた今それはありえない。
何処にでも行って何にでも挑戦なんて、誰も捕まえられなかったらお金の無駄。
残るのは敗北感と空っぽのお財布よ。
ありえない。
それならお金を使っても何か自分に残る方が全然まし。
だから私は誰かに気づいてもらえるように自分を磨きたい。
自分磨きは外見に留まらず、内面だって磨く事ができる。
それは化粧品のグレードアップでもよいし、ジムに通って精神的にも体力的にも強くなっても良し、ダイエットしたり、ネイルしたり、何か習い事でも良いだろう。
とにかく自分の為に自分のお金を費やしたい。
自分を磨けば自分の事をもっと好きになり自信も出てくる。
そうすれば失敗した時のダメージも少ないだろうし、更に前に進む事だって出来る。
だって後先考えずに行動できるのは20代まででしょう。
30過ぎると色々と変わってくるのよ。
だから私は出会いが欲しい時こそ自分に更に磨きをかけるわ。

Read More

SNSからの合コンでの夫との出会い

夫との出会いは今から3年前の夏でした。
二年付き合った元カレと先がみえないと思い別れを切り出して間もないときでした。
元カレが別れることにとても反対していて、わたしもよりを戻そうか、どうしようかと悩んでいたときでした。
そんなたまたましていた出会いSNSでの合コンのお誘いがありました。
しかも公務員との合コン…。
結婚願望が強かったわたしには出会いSNSからといってもうってつけの合コンでした。
斜め前の席に座っていた彼はふざけてたお調子者っていう印象でした。
よくいえば、ムードメーカーでした。
人見知りのわたしにはこれくらいガンガン話しかけてくれる方が話しやすかったです。
わたしがトイレに席をたつ度についてきて、猛アタックをしてきてくれました。
最後にはわたしも気を許し、連絡先を交換しました。
そこから毎日連絡してきてくれ、何度も遊ぶようになるうちに付き合うことになり、1年もたたないうちに結婚することなりました。
今はこどももうまれ、幸せな毎日を送っています。

Read More