時間の不思議を感じます

時間というのは本当に不思議なもので、待てど暮らせど人がやって来ない時などは、非常に長く感じたりするものです。
ところが、その正反対のあっという間に過ぎてしまうという事の方が、はるかに多いように思います。
時は金なりの如く、時間というものは、何にも変えることのできない大変需要なものです。
この限られた時間の中で、人生を全うしていかなければならない宿命を背負っている訳です。
どんなに苦しくても逃げる事はできませんし、どんなに楽しくても、いついつまでも満喫できるものではない為、真正面から対峙せざるを得ないのです。